太陽光発電による省エネ対策/株式会社シンコー

株式会社シンコー


MENU

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

商品や施工について実際に寄せられたご質問です。
ご質問などございましたら是非ご相談ください。

太陽光発電に関する質問

天気の悪い時(曇り・雨)は発電するの?
悪天候時(曇りや雨)も発電量が少なくなりますが発電します。発電量が落ちても設置された場所で電気が使えなくなることはありません。発電量が少ない際に、電気が足りない場合は電力会社から購入するので日常生活に影響はありません。(購入はシステムが自動で行いますので、操作は必要ありません。)
夜は発電しますか?日中に発電した電気を貯めることはできますか?
太陽の光を電気に変換しているので太陽の光がない夜間は発電できません。蓄電池を使用することによって太陽のエネルギーを電気として貯めることができます。その蓄電した電気を夜間に使用することもできます。
天気が悪い時と同様で発電していない夜に家庭で使う電気は電力会社から電気を買うことになります。
電力会社に発電した電気を売ることができるって本当ですか?
太陽光によって発電した電力の中で、家庭で使用せずに余った電気は、電力会社によって買い取るサービスがあります。「余った電気は売り、不足した場合の電気は買う」という仕組みは自動的に行われます。
※売電の際は電力会社と受給契約を行う必要があります。
パネルの汚れによる発電量の影響は?また掃除は?
ほこりなどの汚れは雨によって洗い流されるので基本的に掃除の必要は無いと思われます。葉っぱや鳥の糞害による汚れなどが一部的に付着しても発電量が大きく損なわれることはありません。例えば、油性の浮遊物が付着し雨水だけでは流されない場合など、特別な場合を除いて掃除は特段必要ありません。
そういった汚れが気になる場合は、ご相談ください。

施工に関する質問

屋根が古いのですが、モジュールは載せられますか?
モジュールの単体重量や屋根に載せる枚数によりますが、屋根に載せる太陽光発電モジュールは、全体では数百kg(およそ300~400kg)程度の重さになります。したがって、この重量物を支えられる屋根・家屋であることが必要条件となります。
太陽光発電システムの設置工事はどれくらいの日数が必要ですか?
立地条件や設置枚数にもよりますが、通常2~3日程度で完了します。雨の日には工事できないなどの事情もありますが、長くても、1週間もあれば工事は完了できます。
太陽光発電システムを設置するのに、いくらぐらいかかりますか?
太陽光発電システムの設置費用は、屋根にのせるソーラー・パネルの出力や、その他の機器の金額や設置工事にかかる費用などによって決まります。屋根にどれくらいのパネルを設置できるかは、立地条件や屋根の形状によって変化し、条件によっては補強工事などが必要なる場合もあります。したがって太陽光発電システムの設置にかかる費用は、条件によって変わってきますので、単純に1件あたりいくらという金額はお答えできません。無料にて見積もりをさせていただきますのでお問い合わせ下さい。
売れ筋ランキング

施工例のご紹介

さらに見る